収納力の乏しいマンションの克服法

家の中には色々な物が置いてあります。

収納力の乏しいマンションの克服法

家の中には色々な物が置いてあります・・・ (女性 39歳)

収納力の乏しいマンションの克服法
家の中には色々な物が置いてあります。収納を考えると、最低限にしたいところです。

特にマンションは、一戸建てに比べると圧倒的に収納スペースが少ないです。
ですが、少ないもので暮らしたいと思っていても、生活する上で必要なものは、やはり置いておかないといけません。そうなると、今ある収納でなんとかするべく克服法を考えないといけません。
そう思って私が実践しているのが、出来るだけモノを減らすということです。
「あったら便利」とかいうものは、まず買いません。買う時には、収納スペースや処分方法を考えます。
それ以前に、必要なものしか買わないくらいに思って、普段から必要なものリストを作っていると、衝動買いをしなくなりました。
モノが少ないと、本当に収納が楽です。
掃除もしやすいし、同じものをだぶって購入するなんてことも無くなります。
収納をなんとかしようと思うと、収納グッズに目が行きますが、これも買うのはどうしてもの時のみにします。とにかく、まずモノを減らすのが一番です。

長年マンションに住んでいますが・・・ (女性 51歳)

長年マンションに住んでいますが、やはりマンションの難点は収納が少ないところです。

昔と違って大分改善されて、クローゼットも設置されて便利にはなっていますが、やはり四角い箱型ですから、収納スペースはあまり作れません。子供が大きくなってくると、服の置き場がますます必要になってきて、タンスを買っても、それ1つでは到底足りなくなります。
そこで考えたのは、押入れの一角をクローゼットにリフォームすることです。
子供は二段ベッドを使っていて、押入れはシーツと季節違いの布団を入れるだけなので、余ったスペースが十分あったのです。
それまで押入れに入れていた布団類は、私達夫婦の部屋に移動させ、中身を空っぽの状態にして、後はコーナンでパイプや金具を買ってきて、自分達で設置しました。

簡単なクローゼットですが、洋服を吊り下げるだけですから十分です。
扉の反対には鏡もつけて、扉を開けると洋服の着替え姿が見られるようにしたのです。
このようなちょっとした工夫でも、かなり便利になりました。

おすすめ情報

Copyright 2014 収納力の乏しいマンションの克服法 All Rights Reserved.